タグ

タイ

一昨年のクーデター以降、軍主導の暫定政権が続いており、民政への復帰が課題となっている

プミポン国王が死去

AP
プミポン国王が13日に死去したとタイ王室が発表した。プミポン国王は1946年に18歳で即位して以来、70年にわたって国を治め、世界で最も在位の長い国王として知られてきた。

今後は息子のワチラロンコン皇太子が継承する見通しだが、プラユット暫定首相は、皇太子が国民と喪に服す時間を求めていることを明らかにしている。

タイでは、たびたび軍事クーデターが起きるなど政治の混乱が繰り返されてきたが、過去にはプミポン国王がみずから対立する政治勢力の間に入って仲裁を行ったこともあり、政治の安定に決定的な役割を果たしてきた。タイではおととしのクーデター以降、軍主導の暫定政権が続いていて、民政への復帰が課題となってる。


タイの政治情勢関連情報 - 外務省

【関連記事】
タイ プミポン国王が死去 - NHKニュース(10月13日)
タイ国王死去、在位期間世界最長 景気影響少ないとの声 - ロイター(10月14日)

「タイ」に関連する一覧

    もっと見る