タグ

受動喫煙対策

5月31日は「世界禁煙デー」

ラーメン・居酒屋も対象

足成
厚労省が検討している飲食店の全面禁煙に関する法案の骨子が分かった。飲食店のうち、家族連れや外国人観光客の利用が予想されるラーメン店や居酒屋を例外とせず、規模にかかわらず原則すべて禁煙とする方針だ。

主に酒を提供しているバーやスナックについては、「受動喫煙が生じうる」という掲示や十分な換気が確保されていることを条件に、小規模店舗で一部喫煙を認める。

2019年9月に日本で開催されるラグビーW杯までに施行が間に合うよう、厚労省は今国会への法案提出を目指しており、朝日新聞によると3月1日にも公表されるという。

飲食店などの禁煙 居酒屋 ラーメン店例外としない方針 厚労省 - NHK(2月28日)
飲食店は原則禁煙、厚労省骨子案 バー・スナックに例外 - 朝日新聞(2月27日)

「受動喫煙対策」に関連する一覧

    もっと見る