共同通信社
7月31日に投開票が行われた東京都知事選は、小池百合子氏が自民・公明両党などが推薦した増田寛也氏、野党統一候補として民進党など4党が擁立した鳥越俊太郎氏にそれぞれ100万票以上の差をつけ、初めての当選を果たしました。投票率は59.73%で、2年前の前回を13.59ポイント上回りました。

今後、「冒頭解散」「離党」「除名」といった言葉が選挙期間中に次々に飛び出したように、小池氏と自民党・都連との関係も注目されます。

読者のみなさんは、小池新都知事にどんなことを期待しますか?