山口利昭

山口利昭

内部統制やコンプライアンスなどの視点から「企業価値」を語る

  1. 企業不祥事から再起する企業は「経験効用」を活用する

    昨日(9月17日)の日経MJプレミアム(有料版)に「復活マック、許したのはいつ?鶏肉問題3年、100…続きを読む

  2. 大塚家具事例から取締役会の「頑張りドコロ」を考える

    最近、大塚家具さんが「かなりピンチ」といった記事が増えています(たとえば東洋経済オンラインの26日付…続きを読む

  3. 西武vsサーベラスの攻防とガバナンス改革への教訓

    8月16日の報道によりますと、米国の投資ファンドのサーベラス・グループが、西武HDの株式をすべて売却…続きを読む

  4. DeNA社「MERY」再開-誠実な企業は早期によみがえる

    皆様、お盆休みをいかがお過ごしでしょうか。本日(8月14日)の日経WEBニュースでは、富士フイルムさ…続きを読む

  5. 東芝の会計監査(意見表明)問題は「三方よし」で終結するか?

    今年4月12日の当ブログにて「東芝四半期報告書-なぜ『限定付適正意見(結論)』がもらえなかったのか?…続きを読む

  6. 東芝の内部統制報告書に「不適正意見」が付された意味は重い

    今朝の朝日新聞(東京版、大阪版とも)に、東芝決算問題に関する私のコメントが掲載されておりますが(数日…続きを読む

  7. 最高裁で問われるか?-企業の個人情報保護体制の不備

    弁護士ドットコムさんのニュースで知りましたが、ベネッセ社の個人情報漏えい事件に関連して被害者が損害賠…続きを読む

  8. 会計監査人交代事例にみる監査法人改革の本気度

    もうすでに会計士の方々のブログ等では話題になっておりますが、証券コード9788社(東証1部)におきま…続きを読む

  9. 満身創痍で社長と闘い続けた監査役の姿勢が垣間見える判決

    出光興産公募増資差止仮処分事件の即時抗告決定が告知されたようで、地裁決定と結論も理由もほぼ同じだった…続きを読む

  10. 出光興産公募増資差止却下決定-どうなる即時抗告の行方?

    某社役員の方の御紹介で、初めて経営法友会の月例講演会でお話をさせていただきました(ホテルモントレ大阪…続きを読む