田中俊英

田中俊英

一般社団法人officeドーナツトーク代表

  1. 高校生たちへの声かけ、「7つのルール」

    ■7つのルール僕は大阪市平野区で「ひらの青春生活応援事業」という委託事業を運営しており(ひらの青春生…続きを読む

  2. 子どもへの暴力のその瞬間、あなたの筋肉はどう動いているのだろうか

    ■「瞬間の倫理破綻」少し前に僕は当欄で、児童虐待の「発生」について、すべての価値判断より以前のいわば…続きを読む

  3. 最も信頼できるヘルパー、高齢ひきこもり

    ■どんどん40代へと突入最近のひきこもり調査で70万人から54万人になり、40代のひきこもりの方々が…続きを読む

  4. 虐待「発生」の瞬間を語ることができるか

    ■人間が社会を営む時、いつも発生する僕は、不登校やひきこもりの保護者面談のなかで、時々「児童虐待の被…続きを読む

  5. ホリエモンは「ソーシャルグッド」ではなく「宇宙」を目指す

    ■ホリエモンロケット例のホリエモンロケットは失敗に終わったそうだ(ホリエモンロケット 通信トラブル…続きを読む

  6. 文京区の貧困当事者は、語ることができるか

    ■文京区「子ども宅食」が話題を呼んでいる(食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子…続きを読む

  7. 「三流」文科省は、宿命的に不登校を見捨てる

    ■三流前回、不登校とひきこもりのふたつの問題を切り離す時が来たと僕は書き、不登校が「高止まり」常態を…続きを読む

  8. 「不登校」と「ひきこもり」が別れる時がやってきた

    ■ようやく別れる時がやってきた長らくセットで語られてきた「不登校」と「ひきこもり」が、ようやく別れる…続きを読む

  9. 高齢ひきこもりをもつ親御さん、目標は105歳~日野原重明先生、合掌

    ■「日野原重明氏、死去、105才」今朝は別のテーマで書こうと思いパソコンを開けたのだが、開けた瞬間、…続きを読む

  10. こどもフジロックは、こどもをしつける

    ■子どもというコンセプトほど、ロックというコンセプトに近いものはない今年もフジロック・フェスティバル…続きを読む