渋井哲也

渋井哲也

自殺問題など、"若者の生きづらさ"を取材している。

  1. 家族を壊したかった…セルフドキュメンタリー「アヒルの子」小野さやか監督に聞く

    幼い頃に農業・牧畜業を基盤とした理想社会を作るコミューン団体・「幸福会ヤマギシ会」に預けられたことで…続きを読む

  2. 原発避難いじめ 「全部は話しきれない」学校で子どもたちがいじめを受けるようになったことを証言 福島原発被害救済新潟訴訟で本人尋問

    2011年3月11日の東日本大震災に伴う、東京電力・福島第一原発事故によって、避難を余儀なくされた福…続きを読む

  3. 暴行事件、ベランダ締め出しなどがあっても学校側は「いじめという認識はない」- 千葉・我孫子市いじめ後遺症訴訟

    千葉県我孫子市の鈴木多佳子さん(18、仮名)が、小学校4年生のときに起きた暴行事件で被害を受け、頭に…続きを読む

  4. 「学校のいじめ対応が酷すぎる」両親が学校に助け求めるも状況は改善せずフリースクールへ

    東京都世田谷区内の小学校6年生の、宮田隆聖くん(11、仮名)は現在、フリースクールに通っている。いじ…続きを読む

  5. 埼玉県川口市・いじめによる不登校 学校や市教委の対応に保護者が抱く不信感(続)〜母親から、学校や市教委への反論

    埼玉県川口市の男子中学生・栃尾良介(3年生、仮名)がサッカー部のLINEグループから外されたり、乱暴…続きを読む

  6. 埼玉県川口市・いじめによる不登校 学校や市教委の対応に保護者が抱く不信感(下)〜学校や市教委の言い分は?

    ※前回の記事はこちらから埼玉県川口市の男子中学生・栃尾良介(3年生、仮名)がサッカー部のLINEグル…続きを読む

  7. 埼玉県川口市・いじめによる不登校 学校や市教委の対応に保護者が抱く不信感(上)

    埼玉県川口市の男子中学生・栃尾良介(3年生、仮名)がサッカー部のLINEグループから外されたり、乱暴…続きを読む

  8. ルポ・生きづらさを感じる人々11 座間事件の容疑者とDMでつながっていた10代女性の証言〜直美の場合

    首都圏に住む直美(17、仮名)は、小学生の頃にいじめに遭っていた。女子にはトイレで水をかけられたり、…続きを読む

  9. 元「自殺掲示板」管理人に聞くSNS時代のネットコミュニケーション

    関東地方に住む30代の男性・清志が約10年前、自室で練炭自殺した。当時、清志は生活保護から自立しよう…続きを読む

  10. ルポ・生きづらさを感じる人々 居場所を急に奪われたタイミングで自殺企図。「もしつながっていたら私も...」〜百香の場合

    神奈川県座間市のアパートで男女九人の遺体が見つかった。そのうち、三人は女子高校生だった。亡くなった女…続きを読む