町村泰貴

町村泰貴

北海道大学教授。民事訴訟法、サイバー法を専門とする法学者

  1. A.I.使えばなんでも解決するかのような論調

    夢を語るのならいいが、最近はAIといえばもうなんでもできることを前提にして論じる人が目につく。例えば…続きを読む

  2. 凍結受精卵を無断で着床して出産した場合と父子関係

    大変興味深いテーマの判決が12月15日に下される予定である。<親子関係訴訟>凍結受精卵、夫の同意は……続きを読む

  3. 横紙破りが大嫌いなニッポン

    日本社会の特徴の一つをよく表す出来事が幾つか表れている。一つは、例の子連れで議場に座って、結局子供を…続きを読む

  4. FLASH:山尾しおりさんへの取材が酷いらしい

    小林よしのり氏のブログ「「FLASH」の取材方法はヤクザ顔負け」さらに山尾氏の電車内の写真を盗撮して…続きを読む

  5. 2017年衆院選の女性候補者割合比較

    衆院選のニュースで、女性候補者の数を比較した記事があったので、主要な政党について調べてみた。今回の衆…続きを読む

  6. 総選挙といえば、最高裁裁判官の国民審査も忘れずに

    今回の国民審査にかかる裁判官は、現時点で7人と、長官を除くと最高裁の裁判官の半数に及ぶ。驚くべきこと…続きを読む

  7. 情報公開制度の重要性を指摘した記事

    毎日新聞の「情報公開と市民社会」と題する記者の目は読み応えがある。森友・加計両学園や自衛隊の国連平和…続きを読む

  8. AIとロボットは人の仕事を奪うか〜法事

    Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場これは意外性のある展開で、あちこちで話…続きを読む

  9. 朝鮮総連に対する再度の金銭支払い請求

    朝鮮総連に910億円支払い命じる 不良債権回収訴訟この事件は、民訴教材のネタがてんこ盛りである。経営…続きを読む

  10. 灘校の歴史教科書採択に関する「謂れのない圧力」

    日本は右傾化しているとか保守化しているとか、あるいはしていないとか、色々と言われているが、民族主義的…続きを読む