久保田博幸

久保田博幸

金融アナリスト。債券部で14年間ディーリング業務に従事

  1. 日銀決定会合で反対者がいなくなる日

    7月19、20日の日銀金融政策決定会合では、今回も賛成多数で現状維持が決定された。今回も長短金利操作…続きを読む

  2. トランプ政権のレームダック化を市場は織り込み済みか

    米上院共和党による医療保険制度改革(オバマケア)改廃への取り組みが頓挫した。オバマケア)改廃に対し民…続きを読む

  3. カナダの中央銀行が7年ぶりの利上げを決定、その意味するところ

    カナダ銀行(中央銀行)は7月12日の政策決定会合で、政策金利である翌日物金利の誘導目標を0.25%引…続きを読む

  4. 市場はFRBのイエレン議長の花道も意識か

    7月11日に半期に一度行われる米下院金融委員会の公聴会で、FRBのイエレン議長は「FOMCは向こう数…続きを読む

  5. FRBの副議長に指名されたクオールズ氏

    トランプ政権は10日、FRB副議長に元財務次官のランダル・クオールズ氏を指名すると正式発表した。クオ…続きを読む

  6. 日銀のスタンスに変化なし、日銀支店長会議総裁挨拶より

    7月10日の日銀支店長会議での黒田総裁の挨拶が日銀のサイトにアップされた。これを前回4月の支店長会議…続きを読む

  7. 日銀は長期金利の上昇に対し指し値オペで阻止、これは何のため?

    7月7日に日本の10年国債利回り(長期金利)は0.105%に上昇した。これを受けて日銀は指し値オペを…続きを読む

  8. 都議選受けての安倍政権の行方が日銀にも影響か

    7月2日の東京都議会選挙の結果は、小池知事の支持勢力が79議席を獲得し圧勝となった。自民党は選挙前の…続きを読む

  9. 日銀の政策リスクは出口にあるのではなく出口がないこと

    6月30日に発表された5月の日本の消費者物価指数は総合で前年同月比プラス0.4%となった。日銀の物価…続きを読む

  10. 日銀がいつになっても物価目標の2%を達成できない理由

    今回、日本と米国の消費者物価指数のデータをエクセルに入れそれぞれを比較するグラフを作成してみた。日米…続きを読む