片山 修

片山 修

経済ジャーナリスト

  1. “V字回復”の三菱自動車に残された2つの課題

    三菱自動車が信頼を回復し、ブランド力を再生できなければ、ルノー日産が進める巨大アライアンスの前途は危…続きを読む

  2. 「グーグルグラス」はB2B市場で復活

    グーグルグラスが、B2B市場で復活しましたね。グーグルの持ち株会社であるアルファベットは18日、B2…続きを読む

  3. 水素社会に向けたトヨタ参加のプロジェクト本格稼働へ

    風力を使って水素をつくり、産業用に使う実証実験がスタートしました。果たして「水素社会」の実現につなが…続きを読む

  4. トヨタ「新型カムリ」が背負う重荷とは

    トヨタは10日、6年ぶりに全面改良したセダン「カムリ」を国内で発売しました。低重心のスポーティーなス…続きを読む

  5. ホンダ新型「N-BOX」、満を持して発表

    ホンダは、ついに、そしていよいよ「N-BOX」をフルモデルチェンジし、満を持して8月31日に発表しま…続きを読む

  6. パナの頑丈ノートPCは「現場」を変えるか

    ロングセラー商品への挑戦はいまも続く……というべきか。パナソニックの頑丈フィールドモバイル、「TOU…続きを読む

  7. パナの電動アシストマウンテンバイクは成功するか

    日本に新しい市場を創造できるかどうか。パナソニックの電動アシストマウンテンバイク(e-MTB)への挑…続きを読む

  8. 「wena wrist」はソニーに新風を吹き込むか

    ソニーは7月3日、腕時計のバンド部分にスマートウォッチとして必要な機能、電池などを集約した「wena…続きを読む

  9. 新型「レクサスLS」の初代を超える“衝撃”とは?

    低く構えたシルエットが印象的です。セダンでありながら、クーペのようなスポーティーな外観です。※新型「…続きを読む

  10. 東芝とWDの対立で、サムスンの背中は遠くなるばかり

    東芝メモリの売却をめぐって、東芝と米ウエスタンデジタル(WD)が法廷闘争に入りました。混迷が長引けば…続きを読む