一般社団法人日本戦略研究フォーラム

一般社団法人日本戦略研究フォーラム

外交安全保障を主軸としたシンクタンク

  1. 米中の北朝鮮・貿易戦争をめぐる攻防

    北朝鮮の金正恩委員長による“掌返し外交”で、世界中が委員長に振り回されている。今年(2018年)4月…続きを読む

  2. 「異常タックルを仕掛けさせた日大内田監督」 ―伝説の猛特訓で何を教えてきたのか―

    日大のアメフット部の内田正人監督が「すべて私の責任」と述べて監督の引責辞任を表明した。普通なら監督辞…続きを読む

  3. 世界を驚かせたマハティールの再登場 - 澁谷 司

    今年(2018年)5月9日、マレーシアでは、下院選挙(定員222議席。任期は5年。小選挙区制)が行わ…続きを読む

  4. マレーシアの総選挙に見た究極のポピュリズム - 坂場三男

    大盤振る舞いというか、バラマキというか、今回のマレーシア総選挙は、ポピュリズム政党と化した与野党が、…続きを読む

  5. 「中東・中国・北朝鮮、外交の神髄を心得たトランプ大統領」―日本も棍棒を使う根性を持て!― - 屋山太郎

    「棍棒片手に猫なで声で対話する」のが外交の神髄だと言われるが、トランプ米大統領はこの手で見事に諸懸案…続きを読む

  6. 北朝鮮の「非核化」と南北朝鮮統一問題 - 澁谷 司

    今年(2018年)4月27日、南北朝鮮のトップ同士が、板門店で会談を行った。これを契機にして、融和ム…続きを読む

  7. 政治指導者と国内世論 - 坂場三男

    新聞やTVなどのメディアが毎月のように政党や政権に対する国民の支持状況について世論調査を実施している…続きを読む

  8. 目まぐるしく動く東アジア情勢 - 澁谷 司

    北朝鮮の金正恩委員長は、今年(2018年)韓国で開催された平昌五輪を契機に、韓国の文在寅大統領と手を…続きを読む

  9. 南アジアにおける深刻な女卑社会 - 坂場三男

    先般の財務次官のセクハラ辞任は欧米のマスコミでも取り上げられている。「#MeTooの波が日本にも押し…続きを読む

  10. 「憲法改正、今がその時!!」 ―国際情勢無視、憲法改正阻止、安倍内閣打倒で何が生まれる?― - 屋山太郎

    北朝鮮をめぐって国際情勢が急変している。そこで憲法記念日は何か変化があるのかと注目していたが、革新側…続きを読む