郷原信郎

郷原信郎

弁護士・コンプライアンスの第一人者

  1. 柳瀬氏、「参考人招致」ではなく「証人喚問」が不可欠な理由

    4月10日に、中村時広愛媛県知事が、今治市への加計学園獣医学部設置に関する愛媛県、今治市職員、加計学…続きを読む

  2. “安倍王将”は「詰み」まで指し続けるのか

    愛媛県の中村時広知事は、4月10日に記者会見を開き、加計学園の獣医学部新設に関して、2015年4月2…続きを読む

  3. 「刑事免責」は「司法取引」とどう違うか ~“国会証人喚問への「刑事免責」導入”で期待できること

    財務省の決裁文書改ざん問題に関して行われた佐川宣寿氏の国会証人喚問について、先週末、BS局やネットテ…続きを読む

  4. 「刑事免責」導入で文書改ざん問題の真相解明を

    日本の官僚組織の中枢で起きた決裁文書改ざんという前代未聞の不祥事で、行政に対する信頼は大きく揺らいで…続きを読む

  5. 佐川氏、首相・首相夫人の影響を否定する証言の矛盾

    3月27日、森友学園に対する国有地売却の決裁文書改ざん問題に関して、当時の理財局長の佐川宣寿氏の証人…続きを読む

  6. 「リニア談合」告発、検察の“下僕”になった公取委

    3月23日、東京地検特捜部は、リニア中央新幹線の工事をめぐる談合事件で、大林組、鹿島、清水建設、大成…続きを読む

  7. 佐川氏は、証言拒否で身を守れるのか

    森友学園に対する国有地売却の決裁文書改ざん問題に関して、明日(3月27日)行われる、当時の理財局長の…続きを読む

  8. 美濃加茂市長事件の真相解明に向け、民事訴訟提訴

    受託収賄等の事件で有罪判決を受け、市長辞任に至った前美濃加茂市長藤井浩人氏が、虚偽の贈賄供述を行った…続きを読む

  9. “人質司法の蟻地獄”に引きずり込まれた起業家

    「人質司法」とは詐欺で逮捕されてから8か月以上も勾留されたままになっている森友学園の前理事長の籠池泰…続きを読む

  10. 森友文書書き換え問題、国会が調査委員会を設置すべき

    学校法人「森友学園」との国有地取引の際、財務省近畿財務局の管財部門が作成した決裁文書について、「契約…続きを読む