文春オンライン

文春オンライン

週刊文春も読めるニュースサイト

  1. Soup Stock Tokyoが「エキナカ」で成功した理由

    たくさんの人の行き交うターミナル駅の片隅に、小さく佇むスープのお店。忙しい仕事の合間に、通勤の合間に…続きを読む

  2. 消えゆく「エロ本自販機」を、粘り強く探した男の記録 著者は語る 黒沢哲哉『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』 - 「週刊文春」編集部

    『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』(黒沢哲哉 著)「数年前、深夜のドライブの寄り道先ぐらいの気分…続きを読む

  3. 獣神サンダー・ライガーが『世にも奇妙な物語』で学んだ「魅せる」ということ “テレビっ子”獣神サンダー・ライガーが語るテレビのこと #3 - てれびのスキマ

    「テレビはつまらない」「テレビ離れ」など、テレビにまつわる話にはネガティブなものが多い。 しかし、い…続きを読む

  4. 斎藤工「タブーかもしれない関係性を上質に」――阿川佐和子のこの人に会いたい(前編) - 「週刊文春」編集部

    3年前、ドラマ版『昼顔』で大ブレイクを果たした斎藤さんが映画版の同作に帰ってきた。自分には武器がない…続きを読む

  5. 上位0.1%の超富裕層がますます金持ちに。アメリカ“強欲資本主義”の現実 池上彰が『超一極集中社会アメリカの暴走』(小林由美・著)を読む

    『超一極集中社会アメリカの暴走』(小林由美 著) アメリカのトランプ大統領による予算教書が五月に提出…続きを読む

  6. 安倍首相の「長い言い訳」と安倍チルドレンの「暴言」を“丁寧に”検証する 失言だらけの1週間を振り返る - 大山 くまお

    安倍晋三 首相「『信なくば立たず』だ。何か指摘があれば、そのつど真摯に説明責任を果たしていく。国民か…続きを読む

  7. 銀座からヤクザは消えるか 「みかじめ料」で組幹部逮捕 - 「週刊文春」編集部

    アベノミクスで客足は戻りつつある ©共同通信社 東京・銀座の飲食店からみかじめ料(用心棒代)を取った…続きを読む

  8. ビートたけし「おいらの居酒屋に突然やって来た」――生誕80年・美空ひばりとわたし いまなお色褪せぬ“歌謡界の女王”の記憶

    ビートたけし(タレント) ©文藝春秋「戦後」という時代背景があったから、美空ひばりが生まれたんじゃな…続きを読む

  9. 「水曜日のダウンタウン」にはBPOもギャラクシー賞も注目!?――てれびのスキマ「テレビ健康診断」 - てれびのスキマ

    世の中でいちばん面白いものは「内輪受け」だ。 自分の子供の学芸会はどんな映画よりも視線は釘付けになる…続きを読む

  10. 没後20年・勝新太郎の「聞く力」と仁科亜季子の「剣呑孫ライフ」 「週刊文春」6月29日号 最新レビュー - urbansea

    今週号の坪内祐三「文庫本を狙え!」は、勝新太郎の対談集『泥水のみのみ浮き沈み』(文春文庫)を取りあげ…続きを読む