文春オンライン

文春オンライン

週刊文春も読めるニュースサイト

  1. 羽生結弦に“泣きながら感動”している「産経社説」の熱い着氷 各紙感動社説の「舞いっぷり」を読み比べ - プチ鹿島

    新聞を擬人化するとおじさんである。小難しいイメージがある社説も「大御所の師匠が世の中に対し小言や訓示…続きを読む

  2. セクシー女優の先駆者 かたせ梨乃60歳の“私生活” - 「週刊文春」編集部

    名門女子校・雙葉高の出身 かたせ梨乃(60)がバラエティ番組で異彩を放っている。最近では1月20日に…続きを読む

  3. 伝説の「タラちゃん成長期」を知ってますか? 知って得するかはあなた次第「クイズ! 国民栄誉賞」 - 古川 洋平

    こんにちは。クイズ作家の古川です。 去る2月13日、首相官邸で国民栄誉賞の表彰式が行われ、将棋棋士の…続きを読む

  4. 清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価” - 「週刊文春」編集部

    初のフリー打撃は柵越え「0」だった中村 ©共同通信社 プロ野球キャンプも中盤を迎えたところで、注目の…続きを読む

  5. 韓国人は「腹が痛い」!? 五輪2連覇・羽生結弦への複雑な本音

    男子フィギュアスケートの羽生結弦選手がショートプログラムとフリーの合計点で317.85を記録し、ソチ…続きを読む

  6. “工作員妄想”と批判された三浦瑠麗氏「大阪やばい」発言の情報源 ~今週の珍言・暴言・問題発言~ - 大山 くまお

    三浦瑠麗 国際政治学者「テロリスト分子がいるわけですよ。それがソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも…続きを読む

  7. 高梨沙羅が「国民」からの「謎の圧力」に勝利した日 メイク批判もベンツ批判も超えてゆけ - 西澤 千央

    その瞬間、「アォッ」という、ソチフリーの浅田真央選手が3A着氷させたときの解説タラソワコーチみたいな…続きを読む

  8. 韓国・文大統領が空回り 安倍首相と慰安婦問題で“正面衝突” - 「週刊文春」編集部

    安倍首相に笑顔なし ©共同通信社 韓国の文在寅大統領が五輪期間中に展開する“平昌外交”が空回りしてい…続きを読む

  9. 北朝鮮の“微笑み外交”が韓国人にウケない理由 「『統一』という言葉さえ出せば涙するものと思っているのか」と反発の声 - 菅野 朋子

    北朝鮮の金与正朝鮮労働党中央委員会第一副部長の訪韓が、“微笑み外交”として内外で注目を集めている。 …続きを読む

  10. 年間20万人の児童が行方不明に! 中国マフィアの「誘拐イノベーション」 旧正月に多発 超監視社会に対抗する“最新犯行手口” - 安田 峰俊

    今年1月末、日本で民放番組に出演した身元不明の男性が、1989年に徳島県で失踪した4歳の男の子である…続きを読む