古谷経衡

古谷経衡

評論家/著述家

  1. 政策より血統にこだわる蓮舫叩き~「二重国籍」問題と血統主義~

    私は蓮舫氏が嫌いだ。政治家としてはもとより、野党第一党党首としての指導力にも大いなる疑問符が付く。こ…続きを読む

  2. 筒井康隆氏の「慰安婦像ツイート炎上事件」をどう捉えるべきか?

    ・筒井康隆氏の記述、何が「問題」となったのか?作家の筒井康隆氏が、自身の運営するブログ「笑犬楼大通り…続きを読む

  3. 「森友騒動」が国益を毀損する~「パワー系ネット右翼」に手を振るな~

    ・”騒動世論”のゆくえそろそろ、連日の森友学園(籠池問題)騒動(あえて私は騒動と呼ぶ)に嫌気がさして…続きを読む

  4. 情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外にも繰り返されてきた保守の寄付手法~

    ・森友学園は保守の恥一連の森友疑惑で慙愧に耐えないのは、「保守」或いは「愛国」を真面目に求道する者た…続きを読む

  5. 「教育勅語礼賛」の気持ち悪さ

    ・「昔はよかった」という妄想森友学園を巡る一連の騒動でにわかに注目されだした「教育勅語」。同学園が運…続きを読む

  6. アパホテル問題の核心~保守に蔓延する陰謀史観~

    ・アパ=右、は業界内で常識大手ホテルチェーンAPA(以下アパ)が、運営する同ホテルの客室に、同ホテル…続きを読む

  7. 百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造~

    千葉大学医学部の学生3名が、集団で女性に暴行した容疑で千葉県警に逮捕された事件をめぐり、作家の百田尚…続きを読む

  8. 「トランプ大統領誕生」で日本のメリットは何か?

    ・今度はトランプ幻想?トランプ氏当選から一夜明けた11月10日、日本ではいまだ恐慌・パニックともいう…続きを読む

  9. トランプ政権誕生へ~戦後日本「対米自立」「自主防衛」の新時代に~

    ・トランプ政権誕生は「対米自立」「自主防衛」を実現する大きな日本のチャンス大番狂わせである。トランプ…続きを読む

  10. ヒラリーorトランプ、どちらが大統領でも日本はイバラの道

    ・ヒラリーに秋波を送る日本の保守派アメリカ大統領選挙が姦(かしま)しい。例の「メール問題」再燃で猛烈…続きを読む