WEDGE Infinity

WEDGE Infinity

月刊誌「Wedge」のウェブ版

  1. 「罰則」は労基法違反の制裁として機能しているのか? - 河本秀介 (弁護士)

    広告代理店の株式会社電通が、自社の社員に違法な長時間労働をさせていた事件で、東京区検察庁は7月5日、…続きを読む

  2. トランプ・ジュニアの失点が招くこととは? - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

    今回のテーマは「墓穴を掘ったトランプ・ジュニア」です。トランプ大統領は、2016年米大統領選挙におけ…続きを読む

  3. 加計学園問題が示した霞が関の劣化 更なる公務員制度改革を進めよ - 田中秀明 (明治大学公共政策大学院教授)

    事実上の政治任用が日本の政策立案過程の劣化をもたらしている。抜本的に改革するには、官僚の政治的中立性…続きを読む

  4. 反プーチンデモ、プーチン再選を妨げるのは難しい - 岡崎研究所

    6月14日付のニューヨーク・タイムズ紙は、6月12日のロシア諸都市での抗議活動がプーチン政権の腐敗と…続きを読む

  5. 「手詰まり」のアフガニスタン問題、トランプは関心なし - 岡崎研究所

    米国平和研究所のハドレーとユスフが、6月16日付けニューヨーク・タイムズ紙に、「アフガニスタンの和平…続きを読む

  6. カタールの孤立化は失敗、トルコ、イラン、反サウジで支援 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

    サウジアラビアやエジプトなどアラブ4カ国が同じスンニ派のペルシャ湾岸の小国カタールと断交し、経済封鎖…続きを読む

  7. 耐えられない韓国御用マスコミの軽さ - 崔 碩栄 (ジャーナリスト)

    7月2日、韓国の文在寅大統領が3泊5日の米国訪問を終え韓国に帰国した。出発前の文在寅大統領には「課題…続きを読む

  8. 日本で誤訳された「トランプのセクハラ失言」の本意は? - 田村明子 (ジャーナリスト)

    トランプ大統領がまた失言した。 と言っても、失言の帝王であるドナルド・トランプ大統領。就任してからこ…続きを読む

  9. 壇蜜出演の宮城県観光PR、漂う「地方CMだからあのレベルでしょうがない」の空気 - 網尾歩 (ライター)

    ジェンダー系の批判が上がると、他の面での批評がなされづらくなる。だからあえて言いたい。あの観光PRは…続きを読む

  10. 家族ぐるみの“共謀”明るみに、ロシア・ゲートが新段階 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

    トランプ政権のロシア・ゲートはトランプ大統領の長男ジュニア氏が大統領選挙中の昨年6月、ロシア関係者か…続きを読む