大野左紀子

大野左紀子

アートからジェンダーまで

  1. 「性愛用の女」との同居で「生活用の女」にされた妻はその見返りを得たのか?(ラブドールを家庭に持ち込んだ夫についての感想)

    ラブドールを恋人代わりにする男性のことを初めて知ったのは、10年くらい前にあった某ブログ。彼女との「…続きを読む

  2. ジェンダー平等社会のエロの位相、あるいは欲望と配慮の関係

    男性向けポルノや少年誌のエロ表現関連の話題について、twitterでずっと呟いていましたが、今の時点…続きを読む

  3. 近代文学が終わった後の『文豪とアルケミスト』

    文豪とアルケミストと小林多喜二と日本共産党 - Togetterまとめ『文豪とアルケミスト』というオ…続きを読む

  4. 戸川純の新曲に見え隠れする「天皇」のイメージ

    音楽 わたしが鳴こうホトトギス アーティスト: 戸川純 wi…続きを読む

  5. 「教えて下さってありがとうございました!」と「悪いということを知らなかったんだから」

    大学の授業内で時々ミニレポートを書かせ、その提出をもって出席票に替えている。その日、家に帰って80人…続きを読む

  6. 雨宮まみさんについてのとても個人的な覚え書き

    急逝されたのをネット上で知ってから鉛の塊を呑み込んだような気分になっているこの数日、関連の記事のブッ…続きを読む

  7. 「嫌悪感の表明」と「相互理解」の間

    最近話題になっていた、セクシュアルマイノリティへの施策をめぐる千葉市長の一連のTweet(わかりやす…続きを読む

  8. 「理想」と「欲望」は切り分けできないし、「萌え絵」は「日本美術」ですよね(どっちかというと)

    「萌え絵」が批判されるのは歴史がないからじゃない - 最終防衛ライン3結論が最初の方に書かれている。…続きを読む

  9. 「エロいかどうか」より「御しやすそうに見えるかどうか」では

    ‥‥‥と思うのだけど。エロばかりに焦点が当たっているのに違和感がある。左は炎上しなくて右がエロいと炎…続きを読む

  10. 高畑淳子、そして母が息子に足を掬われること

    女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太の起こした強姦致傷事件に関して、「親の責任はどこまで問われるのか…続きを読む