本日、小渕優子経済産業大臣が辞任し、その後を追うかのように松島みどり法務大臣も辞任した。第二次安倍内閣で初めて、しかも鳴り物入りの女性閣僚の相次ぐ辞任に、さすがの安倍総理も任命責任を認めた。

9月の内閣改造で、女性議員5人が入閣し、これが史上タイ記録であると聞いて、またいつもの安倍総理のパフォーマンスかとしらけながらも、女性議員としては、人数が増えてくれば、いわゆる「女性枠」という屈辱的な発想も近く消失するかと希望を持ったものだった。