カネにまみれた小渕優子氏と、「雑音」やうちわで物議を醸した松島みどり氏が閣僚を辞任しました。
 もともと、この女性たちは、安倍政権の女性が活躍できる社会というキャッチフレーズに合わせての女性大臣の登用と言われていました。