会議通訳として活躍する高松珠子氏インタビュー。前編に続いて後編では、日本の英語教育や英語力を上達させるコツについて語ってもらった。(取材・執筆:永田 正行【BLOGOS編集部】)

通訳という仕事は早く日本から消えるべき

-「グローバル化」が叫ばれて久しいですし、日本でも「英語教育に力を入れよう」といった議論が現在でもされています。

高松:私自身、現在、通訳学校で「通訳になりたい」という方々に授業やアドバイスをしているのですが、本当は通訳という仕事は早く日本から消えるべきだと思っています。