非常におもしろい本「個を動かす 新浪剛史 ローソン作り直しの10年」池田信太朗著。ややローソンの宣伝色が臭く、賛美しすぎなところが鼻につく部分もあるかもしれないが、その点を差し引いても、日本企業のあり方、組織のあり方を考える上で、非常に参考になる良書。