共同通信社

西城秀樹さん 63歳の若さで死去

衝撃的なニュースが芸能界を駆けめぐった。歌手の西城秀樹さんが16日午後11時53分に、急性心不全のため亡くなった。まだ63歳だった。

15年前の2003年に脳梗塞を発症、その後も11年にも再び起こし右半身麻痺の後遺症があった。ここ数年はリハビリに頑張っていたというが、体調は思わしくなく、4月25日に横浜市内の自宅で倒れ、意識不明のまま病院に救急搬送されたそうだが、そのまま帰らぬ人となった。

西城さんは、高校時代に広島市内のジャズ喫茶でバンド演奏していた時にスカウトされたのが芸能界入りのキッカケ。「家族の反対を押し切って上京した」。

デビューは1972年3月。RCA(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)から「恋する季節」でデビューした。

当時の芸能誌「平凡」や「明星」などの人気投票で常にトップを争っていた郷ひろみ、野口五郎と共に〝新御三家〟と呼ばれた。とにかく、3人の中でもアクティブなアーティストだった。

デビューして2年後の74年に発売した「傷だらけのローラ」は、長髪をなびかせながら熱唱するスタイルが当時の女性の間で大きな話題となった。

その後も「薔薇の鎖」や「炎」「勇気あれば」などヒットを飛ばし、79年に出した「YOUNG MAN」は、自らも考案に携わったという両手を使った〝Y・M・C・A〟の4文字を作る振り付けが大流行となり、150万枚を売り上げる大ヒットとなった。同曲は、80年のセンバツ高校野球大会の入場行進曲にも起用され、最近では、替え歌でCM曲としても使われているほどだ。

歌手以外でも、74年にTBS系の人気ドラマだった「寺内貫太郎一家」や映画「愛と誠」に出演してファン層を広げた。さらにハウス食品「ハウスバーモントカレー」は73年から12年間もCMキャラクターを務めた。

まさに70年から80年代を駆け抜けてきたと言っても過言ではない。輝かしい時代を作ってきたヒーローの1人であろう。