安倍晋三首相は5月16日に開かれた第7回人生100年時代構想会議で、65歳を超えても働き続けられるような制度の検討を厚労省に指示した。安倍首相は現状の高齢者について「知的能力も高く、65歳以上を一律に高齢者と見るのは、もはや現実的