twsp-p01 (8).jpg

3月30日、ベルサール東京日本橋にて、サイボウズ主催の「チームワーク経営シンポジウム」を株主総会前に開催しました。

これからの時代に求められるカイシャの姿、そして私たちとカイシャとの関係ってなんだろう? そんなテーマをさまざまなゲストと議論した同シンポジウム。

今回は、パネル1「ホリエモンと、語ろう。」の前編の講演内容をお届けします。モデレーターにBUSINESS INSIDER JAPAN統括編集長の浜田敬子さん、パネラーに堀江貴文さんと弊社代表の青野慶久を迎えて、これからの働き方についてディスカッションしました。

イントロダクションでは、アリとキリギリスをはじめ、さまざまな虫たちが繰り広げるワークスタイルアニメーション『アリキリ』の第4話 「複(副)業編」を公開。この動画を見て、堀江さんは何を思ったのでしょうか?

(編注) この記事は、読みやすさを重視して、シンポジウムの講演内容を編集しています。前編で、は新しいカイシャや働き方を中心にお届けします。

就職しても意味ねえな、って

浜田
 堀江さん、本日はよろしくお願いします。先ほどのアニメ、いかがでした? 以前公開された動画について、Twitterでおもしろいと発言していましたが。

堀江 貴文
 ああいう奴ら、新橋にいそうだなって感じ。あのおやじたちは、僕と大して年齢変わらないと思う。

浜田
 もし堀江さんが会社に入っていたら、丸の内あたりでああいう風になっているかもしれない……?

堀江 貴文
 まあ、ぜんぜん想像つかないですけど。

twsp-p01-001.jpg

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)。SNS media&consultingファウンダー。1972年生まれ、福岡県八女市生まれ。現在は、ロケットエンジンの開発や、スマホアプリのプロデュース、会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIJ)」の運営など、幅広く活動を展開。著書に『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)、『自分のことだけ考える』(ポプラ社)、『多動力』(幻冬舎)など。

青野 慶久
 そもそも堀江さんって、一度も就職されたことないんですよね。

堀江 貴文
 そうです。就職する意味がわからなくて。もともと学校や就職とか社会のシステムに対して、違和感がありつつも従ってきました。

大学に入学してみて、その意識から解放されたんですよね。大学に行かなくても、誰も怒らないじゃんって。

青野 慶久
 そこが堀江さんのすごいところですよね。僕なんかは、授業の単位はちゃんと取らなきゃとか、研究室の先輩と同じように就職しないとな、とか思っていました。

堀江 貴文
 いや、一応僕もいろいろと考えてはいたんですよ。僕ら団塊ジュニアって、人口ピラミッドでいうと昭和後期生まれのピークなんです。大学受験も大変だし、就職は氷河期だった。

おまけに、これからどんどん人口が減っていく。企業のポストに対して、団塊世代の人数もすごく多いから回ってこないかもしれないし。年金支給年齢もどんどん後ろ倒しになるだろう、と。

そういったことをいろいろと考えた結果、「大企業に入るのって、全く割に合わないな」と。

浜田
 現代の学生が言うならまだわかるんですけど、当時の堀江さんがそこまで考えていたって、すごくないですか。

堀江 貴文
 いや、人口ピラミッドを見るなんて、バカでもできることですよ。出生率がすでに下がっている現状を知っているんだから、ものすごく簡単に予測できる未来ですよね。