2017年ビルボードアワード授賞式でのBTS(Photo by Steve Granitz/WireImage)

アメリカのメインストリームにおいて、かつての存在感を失いつつあるR&Bのソングライターやプロデューサーたち。彼らが活路を見出したK-popマーケットにおいて、その音楽が支持される理由とは?

ブルーノ・マーズ、タミア、レデシーとの楽曲がグラミーにノミネートされたクロード・ケリーは、2007年に初めてソングライターとして出版契約を結んだ。当時彼はR&Bのソングライティングにおいて、以前はなかった制約のようなものを感じ始めていた。ヒップホップとの境界線が曖昧になるにつれて、凝ったメロディは求められなくなり、ラップの破壊力を強調するシンプルなループと強靭なリズムが重視されるようになっていった。ケリーは当時をこう振り返る。「いつのまにか、ブリッジのない曲ばかりを書くようになっていた」

「『その16小節にはラップを乗せるから空のままでいい。ラジオでヒットさせるにはラップがないと』当時は誰もがそんな風に話してた」ケリーはそう話す。「よりスローで時間をかけて展開していく、ブリッジや様々な楽器を用いた伝統的なソングライティングは、もはや求められなくなっていたんだ」

現在もアメリカのメインストリームは、ミニマルさを強調したラップにほぼ独占されている。そういった状況下で、ブリッジを重視する伝統的なソングライターたちは、韓国という意外なマーケットに活路を見出した。大胆なコードチェンジ、リッチなハーモニー、そしてシンガーの力量やアドリブ力が問われるブリッジなど、2000年代初頭のメインストリーム系R&Bにおける凝ったソングライティングは、K-popのシーンでは今なお高く評価されている。

3月24日付のビルボードのK-pop 100チャートには、その傾向が顕著に表れていた。かつてのジェイドを思わせるレッド・ヴェルヴェットの『バッド・ボーイ』(最高位2位)、ヘイズの典型的なネオ・ソウル『ジェンガ』(最高位4位)、タミアの『オフィシャリー・ミッシング・ユー』を思わせるムーンムーンの『コントレイル』、そしてスティーヴィー・ワンダーの影響を4分間のポップソングに落とし込んだメロマンスの『ギフト』(最高位2位)等、チャートは20年前のアメリカンR&Bへのトリビュートとも言うべき様相を呈していた。

現在のK-pop市場において、アメリカのR&B系ソングライターは引く手数多となっている。キース・スウェット、ガイ、ブラックストリート等のプロデュースで知られるシンガーソングライターのテディ・ライリーは、その草分け的存在だ。

2009年に韓国のシーンに目をつけた彼は、少女時代やジェイ・パーク等を世に送り出し、自身が生みだしたニュー・ジャック・スウィングのスタイルを現代に甦らせた。かつてマリオ、トニ・ブラクストン、ジャスティン・ティンバーレイク等への楽曲提供で知られたハーヴィ・メイソン・ジュニアもまた、K-pop市場への早期進出を果たした1人であり、最近ではBOA、シャイニー、東方神起、エクソ等に曲を提供している。



オーガスト・リゴ(ミュージック・ソウルチャイルド、ケラーニ等)は、2013年にK-pop市場に進出した。実際に韓国へと渡った彼は、K-pop 3大レーベルのひとつであるS.M.Entertainmentが主催する1週間に及ぶソングライティング講座に参加している(7日間のうちに13曲のデモを完成させたプロデューサーもいるという)。

「ホワイトボードが置いてあって、起用したアメリカのプロデューサーたちの写真が貼ってあった」リゴはそう話す。「その時は10枚くらいだったと思う。ハーヴィやテディ、R&B界の巨匠たちの写真さ」しかし彼によると、現在は写真が増えすぎてホワイトボードに収まらなくなっており、新しい写真を古いものの上に重ねている状態だという。

NCTドリームやボーイズ・リパブリック等に曲を提供しているリゴは、これまでに参加したK-popのソングライティングセッションにおいて、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』収録曲でグラミーにノミネートされたメンバーを擁するプロダクションチーム、ステレオタイプスと複数回顔を合わせているという。

他にもパトリック・”J・Que”・スミス(ビヨンセ、アッシャー)、ケヴィン・ランドルフ(5年間にわたってジェレマイのミュージカル・ディレクターを務めた他、ジャズミン・サリヴァンやキーシャ・コールの作品にもクレジットされている)、ロドニー・”チック”・ベル(メイソン・ジュニアの弟子)等も、K-popシーンでヒット曲を出している。

韓国におけるソングライティング講座は、アメリカにおけるそれと共通点が見られるという。「素晴らしい曲を書くっていう目的に違いはないわ」ベルはそう話す。しかし韓国では、作曲家たちが様々なツールをより積極的に採用する傾向が見られる。プリシラ・レネア(リアーナ、メアリー・J・ブライジ、K-popグループの少女時代等)は、最近のアメリカのマーケットを意識したソングライティングにはフラストレーションを感じることもあると話す。

「インスピレーションを求めて、スタジオで優れたR&Bをかけたりすると、『すっごいドープ!』って盛り上がるの」彼女はこう続ける。「でもいざ曲を作るとなると、コード進行はありきたりだし、展開は少ないし、面白みのないビートばかりなのよ」エクソやシャイニー、テヨン等にヒット曲を提供しているベルも同調する。「アメリカじゃとにかくシンプルさが重視されるの。同じメロディを延々と繰り返すようなね」

対照的に、「韓国のポップスでは大胆な展開が好まれる」とベルは話す。「アメリカの曲の大半が4つか5つのメロディでできてるのに対して、K-popの曲には平均して8〜10くらいのメロディがある。リッチなハーモニーも特徴のひとつね」S.M.エンターテインメントが送り出したボーイバンド、NCT127のヒット曲『リミットレス』を手がけたランドルフも同調する。「韓国じゃ短いビートのループは通用しない。曲にあんなにも多くの展開を持たせるのはK-popだけだろうね。作曲家としては大いにやりがいがあるよ」

ブラックアメリカンが育んできたR&BというスタイルへのK-popの傾倒は、アメリカ文化の盗用と受け止められることもある。最近では大ヒット曲『ダット・スティック』でNワードを使ったインドネシア人ラッパー、旧名リッチ・チガが批判に晒されたことが記憶に新しいが、過去にはコーンロウに黒塗りという姿で、歌詞にNワードが登場する曲を歌ったK-popのグループが非難されるというケースもあった。