中国の監視カメラシステムの物凄さは、もうジョージ・オーウェルの小説「1984年」を超えるものではないか、と昨年末にこのブログで紹介しました。

その威力を発揮した最近の一例を、香港の新聞サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が12日付けで報じました。4月上旬、なんと5万人が集まった香港のポップスターのコンサート会場で、経済犯罪で指名手配中だったという男性が、監視カメラと顔認識システムで逮捕されたのです。