[東京 13日 ロイター] - 安川電機<6506.T>など好決算を発表した銘柄に対し、マーケットは鈍い反応を示している。株価の上値を抑えているのは、円高や貿易戦争への懸念だ。自動化や省力化投資への需要は政治的な変化に左右されないとの見方もあるが、マクロ的な警戒感が重しとなり、これから相次ぐ3月期決算発表を通じた株高への期待感が高まりにくい状況となっている。