NYの株式相場は金曜日、月曜日と大きく反発したのに対して日本の株式市場では連休明けの火曜日に朝方こそ高かったもののずるずると値を消し、最後は137円も下げてしまいました。NYの戻し歩調を考えれば7-800円上げてもおかしくなかったのですが、先物も300円足らずの上昇でしかなく、市場に不信感が漂っていたようです。