180114ギャラリア@ヒューストン


■全米小売業協会(NRF)は12日、昨年11月〜12月の年末商戦の小売売上高が前年比5.5%増と高い成長になったことを発表した。低失業率や株高に高い消費者信頼感や賃金上昇、ボーナス期待が要因。5.5%の増加はNRFの当初予想の3.6%〜4%増を上回り、2005年(5.2%増)以来の伸びとなった。