中学校で2012年から必修となったプログラミングが、2020年から小学校でも必修化される。文部科学省によると「時代を超えて普遍的に求められる力」を身につけることを目的とし、課題解決に向けてどう行動したらいいかを考える力を養うという。