ローガン・ポール氏

Twitter / @LoganPaul

ユーチューバーとして若者に人気の米国人ローガン・ポール氏が2日、山梨県の青木ケ原樹海で自殺したとみられる男性の遺体の映像を先月31日にYouTubeに投稿し、批判が殺到したことを受け、謝罪した。ポール氏は、許してもらえるとは思っていないと話している。

映像では、自殺者が多いことで知られる富士山の麓の青木ケ原樹海で、ポール氏と友人らが遺体を発見する様子が映されていた。

これに対しネット上で批判が殺到。「敬意を欠いて」おり、「すごく不快」との声も上がった。

ポール氏はその後謝罪し、「ショックと畏敬の気持ちで判断を誤った」と述べた。

ポール氏はツイッターに投稿したビデオで、「ひどい判断ミスを何度も犯した。許してもらえるとは思っていない」と謝罪した。

Screengrab from the video posted by Logan Paul in Japan's Aokigahara forest

Twitter / @LoganPaul

「ビデオを絶対に投稿するべきではなかった。カメラを置いて、自分たちがやっていることを撮るのを止めるべきだった。ほかにもいろいろなやり方はあったのに、そうしなかった」

さらに、「自分自身を恥ずかしく思う。自分にがっかりしている」とも語った。

映像は31日に投稿され、YouTubeで何百万人もが視聴したが、その後削除された。

ポール氏のYouTubeのチャンネルには、1500万人以上の登録者がいる。映像の中で同氏は遺体を発見しショックを受けながらも、冗談を言っていた。

日本は先進国の中でも自殺率が最も高い国の一つ。

青木ケ原樹海は国内外で、自殺者が多い場所として知られている。

樹海での毎年の自殺者数のデータは、樹海の認知度を高めてしまうのを避けるため、公表されていない。樹海には、自殺するのではなく、支援を求めるよう促す標識が立てられている。

ポール氏は友人らと日本に旅行し、複数のビデオを撮影。その中で、問題の15分間の映像を投稿した。

樹海に行き、「幽霊が出る」ことを主に取り上げようとしていたとビデオの中で話している。

ポール氏らは樹海の中を少し歩いたところで、遺体を発見。自分たちが遺体に近づくところを撮影した。また、顔にモザイクがかけただけの遺体を数回、接写していた。

カメラに映っていない一人が、「気分が良くない」と言うと、ポール氏は「なに、死んだ人の横に立ったことがないの?」と冗談交じりに話し、笑う様子が映っている。

自殺した男性の身元は分かっていない。