■世界最大の不動産サービス会社のクッシュマン&ウェイクフィールドは、アメリカ国内の今年の閉店数が12,000店以上に上るとの見方を示している。消費構造の変化により昨年は50社ほどのチェーンストアが倒産や企業清算に追い込まれ、約9,000店が閉鎖となった。