[画像を見る]
12月6日、永世七冠達成から一夜明け、自身の記事が掲載された新聞をうれしそうな表情で見る羽生善治二冠 (C)時事

 すべてを持つ男になった。12月5日、「竜王」を奪回し、「永世七冠」を達成した羽生善治(47)だ。創設されたばかりの「叡王」を除く全7タイトル戦の永世称号を手に入れた羽生は、いわば「七全達人」(清朝最盛期を築いた乾隆帝が、10回の遠征にすべて勝利したとして自讃自称した「十全老人」に掛けて)という、将棋界の生ける伝説となった。

 しかし、永世称号を全て手中にしたという快挙の表面だけを追うと、羽生の強さの真髄を見落とす。羽生の凄味は「捨てる」ことができるところにある。絶対王者でありながら、自分が手にする冠を捨て、現状維持ではなく脱皮を続けようとするからこそ、活路を開き続けているのだ。

「王位」も「王座」も捨てて

「永世竜王」を獲得する前の今年の羽生には、限界説も囁かれていた。

 8月30日、阿波踊りの余韻冷めやらぬ徳島市の料亭「渭水苑」。この地で羽生は、それまで6期連続で保持していた「王位」を失冠した。敗れた相手は25歳の菅井竜也7段。菅井は、平成生まれで初めてタイトルを獲得した。

 続いて10月11日には、5期連続で保持していた「王座」も失った。ここでも29歳の中村太地6段に敗れたことで、すわ世代交代か、と浮足立つ向きもあった。羽生は13年ぶりに一冠(「棋聖」)に沈んだ。

 タイトル戦を戦うためには、尋常ではない体力と精神力が必要だ。2日制のタイトル戦であれば、0日目として将棋ファンや開催地の地元関係者と懇親する、前夜祭が開かれるのが常だ。1日目は午前9時に開始。2日目は深夜にまで勝負がもつれ込むこともある。対局相手を変えながら全国各地を転戦し、ファンサービスにも心を砕きつつ、タイトルを防衛するのは並大抵のことではない。羽生が「永世竜王」となったのは鹿児島県の「指宿白水館」。砂風呂が有名だ。終局後にはファンの前でトークも披露している。

 今振り返ってみれば、羽生は「王位」も「王座」も捨てたのだった。どちらのシリーズでも羽生はわずか1勝しかできなかった(菅井4勝、中村3勝)。将棋の内容もどこか淡泊に感じられた。

 しかしそれは、羽生の衰えの表れというよりも、合理的な選択と集中の結果だったといえよう。普通の棋士にとっては、1期獲得するのも至難の業であるタイトルを弊履の如く捨て去り、最後に残った永世称号を「竜王」戦で獲得することに照準を合わせていたのだった。「竜王」戦決勝トーナメントで対局した棋士たちも、「永世竜王」に賭ける羽生の意気込みを感じていたという。

棋界の常識も捨てて

 羽生にあったのは、現状を打破しようという飽くなき探求心だ。この「竜王」戦第3局で、羽生は中飛車という振り飛車戦法を採用した。将棋の戦法は、最強の攻め駒である飛車の動きによって、居飛車と振り飛車に大別される。振り飛車はアマチュアの間では根強い人気を誇るものの、現在のプロ棋界では居飛車が主流。羽生自身も居飛車の採用率が圧倒的だ。にもかかわらず、大一番で迷うことなくわずか3手目で振り飛車を採用した。単純な勝ち負けを超えたところで将棋を指す姿勢が、ここに表れている。

 AI(人工知能)への関心も、将棋の現状に飽き足らないことの表れだろう。超多忙なスケジュールの合間を縫って「NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」に出演。問題意識は将棋とAIとの関係にとどまらず、AIが人類にどのようなインパクトを与えるかにまで広がっている。

 1996年版『将棋年鑑』には「コンピューターがプロ棋士を負かす日は?」というアンケートが掲載されていた。今年6月に引退した加藤一二三9段を始め、そんな日は来ないとい意見が大勢の中、羽生は「2015年」と回答。その予言がほぼ的中したこともさることながら、1996年に谷川浩司9段から「王将」を奪取して史上初めての七冠王となり、絶頂期にあったにもかかわらず、その頃から将棋とAIの関係にドライな視点を持ちながら着目していた。棋界の常識を、遥か昔に捨て去っているのだ。

 何かを捨てることで前に進み続けてきた天才棋士。まさに「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」を地で行く棋士人生だ。羽生の今後にますます注目したい。(文中敬称略)