共同通信社

「羽生名人」という呼び名は誤り?

羽生善治棋聖が第三十期竜王戦七番勝負を制し、将棋界最高峰のタイトルのひとつ“竜王”を奪取。将棋界の同一タイトルを一定回数獲得した棋士に贈られる“永世称号”のひとつ“永世竜王“の資格を得ました。現在将棋界のタイトル戦は、今年からタイトル戦に昇格した「叡王(えいおう)」を含め8つありますが、永世称号が存在するのは7つ。その7つ全ての永世称号の資格を得たことで、”永世七冠達成“というニュースになっています。

さて、ここから“羽生永世七冠”がどれだけすごいのかについて述べていくわけですが、困るのが呼び名です。羽生永世七冠、羽生新竜王、羽生十九世永世名人…いずれも正しいのですが、漢字がやたらと続いて重いので、「羽生さん」とします。フィギュアスケートの羽生結弦選手は「羽生くん」と表記されるのに対し、羽生さんは昔から「羽生さん」ですね。

ここでひとつ「羽生さんあるある」。おそらく、永世七冠の話題を話す中で、誰かひとりは必ず「羽生名人」と言うと思われます。現在、羽生さんは「名人位」を保持していないので、「ああ、羽生竜王ね」と相槌を打ちましょう。おそらく、将棋のタイトルのひとつとしての“名人”というよりは、“その道を究めた人“というイメージで「名人」を使っていたり、メディアで多く取り上げられていた時の呼び名が「羽生名人」だったことから、どんな時でも「羽生名人」と言ってしまうのだと思われます。また、アラフォー世代の男性は、「高橋名人」「毛利名人」「橋本名人」に代表される「ファミコンの名人」が、子どもの頃、同時期に存在したことから、「名人は同時に複数いるもの」という認識があるのかもしれません。

ちなみに、今回羽生さんが奪取した“竜王”は、7つのタイトルの中でも“名人”と並ぶ最高峰のタイトル。「竜王戦」の前身の「十段戦」「九段戦」とあわせると、名人戦に次ぐ歴史を持つ棋戦です。また、各メディアがとりあげているとおり、将棋界で最も多く賞金の出る棋戦で、竜王獲得で4,320万円の賞金が出ます。なんと、負けても1,620万円! 2016年度の「年間獲得賞金・対局料金ベスト10」で「10位」の深浦康市九段の年間獲得額が「1,849万円」。竜王戦の挑戦者になった時点で、140人強のプロ棋士の中で、トップテンに近い金額を稼ぐことができます。(挑戦者になるまでのトーナメントでも賞金が出るので、確実にトップ10にランクインします)。

羽生“名人”という呼称問題は「将棋を打つ」とならぶ「将棋が有名になればなるほど、正しい方を広めたい問題」なのですが(将棋は「指す」が正しいのです)、長年の将棋ファンは永世七冠誕生に免じて、「羽生名人」も「羽生竜王」と聴いたことにするのが最善手かもしれません。

次に永世七冠を達成しそうな人は見当たらない

さて、今回達成した“永世七冠”と、1996年に達成した“七冠王”、難易度はどちらが高いのでしょうか?21年前の“七冠王”はいわば“瞬間の輝き”。その時の実力と勢いがうまくかみ合ったことで7つのタイトルを同時に制覇できた、という性質のものです。

そして今回の“永世七冠”は“瞬間”ではなく“積み重ね”による偉業。常に同一タイトルを連続で持ち続ける、もしくは獲得を続けない限りなしえないことです。そもそも、140人ほどがひしめくプロ棋士の中で、タイトル戦の挑戦者になること自体が棋士人生の中で一度、二度あるかという世界において、“タイトルに挑戦し続ける、さらに獲得・防衛し続ける”というのは尋常ではないこと。

“1989年、羽生さんがタイトルをはじめて獲得した竜王から数えて、今まで200強のタイトル戦が行われ、そのうち99回を制したのが羽生さん“といったように、羽生さんの強さ数字で表した表現を、ツイッターなどで見た方も多いと思います。

”次に七冠王になりそうなのは誰ですか?“と聞かれたら、希望も込みで答えることができますが、”次に永世七冠になりそうなのは誰ですか?“と聞かれたらはっきり答えられます。”いません“と。永世七冠になれそうな積み重ねをしている人が他にいないからです。強いてあげるとすれば、永世七冠(2回目)を羽生さんがするのでは、という声もあります。末恐ろしい話です。

30歳以上の人であればおそらく「羽生七冠」という文字を目にした、耳にしたことがあると思います。1996年の2月、七大タイトルすべてを獲得する“七冠王”を達成し、“羽生フィーバー”が起こりました。今年の藤井聡太四段による“藤井フィーバー”に匹敵する盛り上がりで、「やっててよかった公文式」「♪明治ブルガリアヨーグルト♪」など、羽生さんがCMに起用されるほど。そして、多くの子どもたちが将棋を習い始めるきっかけになりました。

当時の子どもたちの中からプロ棋士になったひとりに、今年、羽生さんから“王座”のタイトルを奪取した中村太地王座(29才)がいます。また、去年、羽生さんから“名人”位を奪取し現在2連覇中の佐藤天彦名人や、3年前、竜王位を獲得した糸谷哲郎八段も29才。小学生の時に“羽生七冠”を目撃し、羽生さんの書いた将棋の専門書を読んで強くなった世代が、現在の将棋界で大きな勢力を築き、“羽生さんの壁”を乗り越えようとしています。