それは世界的通信社であるカナダ通信社から11月19日に世界に発信された。

 そして英国の報道機関でも伝えられ、その後日本を除く世界の先進国の報道に載った。

 オランダのエラスムス医学センターのウイルス学者であるRon Fouchier教授のチームが、フェレットへの感染実験を10回繰り返し、容易に空気感染(飛沫感染)して感染相手を高率に死に追いやる変異ウイルスを作成した。