プツンと何かが切れたのでなければいいと思っているのだが、小池さんが希望の党の代表を辞任する意向を固めた、というニュースが流れてきた。

小池さんが国政とは一線を引こうとしている様子は窺えたのだが、この段階で希望の党の代表を退くという決断をされるに至ったというのはさすがに意想外であった。