スーパーコンピューター(スパコン)の計算速度の世界ランキング「TOP500」が13日に発表され、中国が最も多い202台を占めた。

2位の米国は143台で、半年ごとの調査が1993年に始まって以来の低水準だった。3位は日本の35台、4位はドイツの20台だった。