しばしば明るみに出る各地の警察の不祥事。それは氷山の一角にすぎません。北海道警の場合、警察官が容疑者となった「強姦」の事件を、懲戒を決めた時点で「強制わいせつ」に変えていたことがわかっています。身内の犯罪をどんどん軽微なものにすり替えていく。それでいいのでしょうか。情報を隠蔽しようとする北海道警に、執拗に食い下がったライターの戦いの記録を公開します――(全4回)。

※以下は小笠原淳『見えない不祥事 北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート)の第三章「警察特権『発表の指針』」からの抜粋です。

■「減給」処分を受けた巡査部長の事案は……

2016年の5月上旬。私はひき逃げとは別の「2行」の詳細を記録した文書を道警に請求した。前年8月に「減給」処分を受けた巡査部長の「わいせつ関係事案」。今さら言うまでもなく事件は未発表で、『一覧』の記述は次の表現に留まっていた。

----------

部外異性に対し、強制わいせつをした。

----------

僅か18文字。俳句よりも1文字多いだけだ。この18字の裏には、何が隠れていたのか。5月26日付で開示された『処分説明書』には、こうある。

----------

被処分者は、
第1 平成26年10月15日、札幌市内で駐車中の私有車両内において、部外女性に対し、強いてわいせつな行為をし、
第2 平成26年11月ころ、札幌市内で駐車中の私有車両内において、部外女性に対し、強いてわいせつな行為をし、
もって、著しく警察の信用を失墜させたものである。

----------

現職警察官が、自分の車の中に女性を連れ込んで「わいせつな行為」をしたというのだ。「強制」「強いて」とあるからには、それは女性の意に反して行なわれたことになる。立派な犯罪だ。

数少ない情報から、私は想像する。おそらくは夜、札幌郊外。人通りの少ない路上に車を駐めた巡査部長はその時、勤務中ではなかった筈だ。そこに連れ込まれた女性は、知人だろうか、それともまったく面識のない人か。10月中旬ともなれば、夜の気温は10度を切る。素直に車に乗り込んだ女性は、当初から油断していたのかもしれない。それをよいことに巡査部長は行為に及んだ。「強姦」に至らなかったのは、被害者の抵抗で思いを遂げられなかったということだろうか。その被害は発覚せず、巡査部長は翌月も同じ車を使い、同じ手口で犯行に及ぶことになる。それが警察の知るところとなったのは、目撃者の通報などによるものか。いや、女性が被害を届け出たためだろう。当の巡査部長はたぶん、そういうことはないと高を括っていた。

2件の強制わいせつの被害者は、同じ女性だ。そして、記録された2件のほかにも表面化していない行為がある――。なぜかそう確信しつつ、私は続いて『方面本部長事件指揮簿』に手を伸ばした。

先の『説明書』と同時に開示された『指揮簿』は、触っているだけで手にインクが移りそうな真っ黒の紙になっていた。文書名から、それが「本部長指揮事件」だったことがわかる程度だ。これは、警察署長が指揮する事件よりも大きな事件であることを意味する。

----------

事件名 警察官による一般女性被害の強制わいせつ事件
事件取扱(課・署) 警察本部 捜査第一課
発生年月日時 平成26年10月15日(水) 午前0時15分ころから午前1時ころまでの間
発生場所 札幌市厚別区内に駐車中の普通乗用車(白色、ワンボックスタイプ)内

----------

犯行は、やはり夜だった。「厚別区」というのは、隣接する白石区から「分区」されて生まれた、札幌東部の区だ。区役所周辺は「新札幌副都心」として開発され、住宅地と商業施設が混在している。そこの郊外ともなると、深夜の人通りはほとんどない。同じ年の春に同区郊外で発生した殺人・死体遺棄事件で、地元警察は遺体発見まで1カ月以上の時間を費やした。目撃者がいなかったためだ。住宅地の街灯ぐらいしか明かりのない舗道に白いワンボックスカーが駐まっている姿が、ぼんやりと脳裡に浮かんだ。

■答えは「添付の別紙」にあった

続いて『犯罪事件受理簿』や『犯罪事件処理簿』を見たものの、開示された情報は僅かなものだった。しかも『処分説明書』に記された2件のうち、捜査にかかわる書類が存在するのは「10月15日」発生の1件のみで、「11月ころ」に起きたとされるもう1件には書類が存在しない。即ち、11月の件は事件化されなかった。加害者である巡査部長に渡す『説明書』には、はっきり2件とも「強制わいせつ」と書いてあるのに。

どういうことだ、などと悪態を吐きつつ開示文書を手の汗でふやけさせていると、机の上に投げ出したもう1つの書類にふと目が留まった。開示された文書ではない。文書の開示を求めた私に対し、「一部開示」の決定を知らせる『通知書』だ。

道警本部長の印鑑が仰々しく捺されたその書類には、「開示しない部分の概要及びその理由」なる1項目があった。当該欄を見ると「別紙のとおり」と書いてある。三つ折りに畳まれた通知書には、2枚の「別紙」が添付されていたのだ。

その「別紙」の2枚め、『犯罪事件処理簿』の「開示しない部分」を記した箇所の1行めを目にした瞬間、4色ペンを回しかけていた手の動きが止まった。

----------

少年の氏名

----------

少年? 文書には未成年の名が書かれているのか?

右手のペンを放り投げ、パソコンで道警の公式サイトを開く。そのころにはトップページをインターネットブラウザの「お気に入り」に登録していたため、繋がるのは速い。右上の検索窓に「警察学校」と打ち込み、開いたページの中から新人警察官の入校期間を記した箇所を探した。

すぐにみつかった。「大学卒業者は6か月間、その他の者は10か月間」とある。

未発表の強制わいせつで捜査された警察官は「巡査部長」だった。彼が高校卒業後、18歳で警察に採用されたとして、20歳になる前に、つまり未成年のうちに警察学校の教育を終え、巡査から巡査長に、さらに巡査部長に昇任することは、あり得るか。計算するまでもなかった。どう考えてもあり得ない。大学卒の場合は論外、採用時点ですでに成人だ。

つまり、「少年」というのは加害者ではない。被害者のほうだ。

例年5月、私は北海道の風土病「シラカバ花粉症」の洗礼を受ける。花粉飛散時期はくしゃみがひっきりなしに続き、目は開けていられないほどに痒くなる。その症状が一瞬すべてかき消え、充血した目が宙を眺めて数秒間固まった。

若くとも20歳代半ばのその警察官は、自分の所有するワンボックスカーの中で、未成年の女の子を相手に複数回、強制わいせつを行なったのだ。そして、そのうち1件だけで取り調べを受け、さらにその事実の発表を免れ、懲戒処分は「減給」で済んだのだ。

本部の捜査1課は、事件をどう処理したか。

目の前の紙束をかき分けて『犯罪事件処理簿』を探す。あった。そこには事件送致の有無、つまりこの強制わいせつが事件として検察庁に送られたかどうかを記録する欄がある筈だ。墨塗りはそこまで及んでいるか――。両目の焦点が一瞬で結ばれる。

辛うじて海苔(編集部注:墨で塗られた箇所のこと)はそこまで及んでいなかった。そこには、2つの選択肢が印刷されている。

----------

身柄・(書類)

----------

手描きでマルをつけられていたのは「書類」のほうだった。

紙を手に再び宙を仰ぎ、声にならない声で「書類送検……」と呟いた。

横浜で痴漢をした検事と同じ、書類送検だ。容疑者を逮捕せず、在宅のまま事件を検察官送致したのだ。現職警察官による未成年相手の強制わいせつ事件を、道警本部は書類送検としたのだ。

これが発表されないのは、被害者の「権利・利益」を保護するためなのか?