小池知事には、2つの大きな足かせがあります。一つは政権交代を謳う以上、小池知事は東京都知事を辞めて総選挙に出馬、自らが安倍総理に対抗する顔にならざるをえないということ。

2つ目は、昨日の3都物語の記者会見で、維新の会の松井知事が、ここにいる3人は衆議院選挙には出ません、出たらこの合意はご破算です、と言ってましたよね。

この2つの足かせのソリューションは、橋下徹氏が維新の会から(比例ででも)総選挙に出馬、希望の党は総選挙後の首班指名で橋下氏に投票するというもの。なので、小池劇場のサプライズは小池氏の総選挙不出馬と、橋下氏の出馬で、安倍総理の対抗の顔は橋下氏で闘うというもの。

まあ橋下氏が東京から出馬、または希望の党から出馬という選択肢もありでしょうが、橋下氏のプライドからいってその可能性はかなり低いでしょう。さあ、そのサプライズで大きなムーブメントを起こせるかどうか。習近平やプーチン、トランプと対峙できるのは安倍総理しかいないと私は思いますが。