iPhone 7・7 Plusなどの既存機種はiOS 11でどう変わる?マルチメディア関連をチェック

Appleが現地時間9月19日(日本時間では9月20日未明)より配信予定のiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」。みなさん、導入に向けてデータのバックアップやパソコンを使う場合には「iTunes」の12.7へのバージョンアップなどはすでに済ませているでしょうか。

iOS 11では大きな変更点として32bitのみに対応しているアプリが利用できなくなるほか、コントロールセンターのデザインや操作性が変更になるなど、さまざまな機能追加や仕様変更があります。

そんな新機種に買い換えない人には特に楽しみiOS 11のリリースですが、既存機種でどの新機能が使えるのかわからなかったりします。そこで今回は特にマルチメディア関連で導入されるFLACやHEIF、HEVCなどの対応状況を新機種の「iPhone X」や「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」とともにチェックしてみたいと思います。

すでにAppleの公式Webサイトにおける各iPhoneの仕様が記載されているスペックページでは、既存機種の「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」でもiOS 10で対応していないHEIFやHEVCなどが記載されている場合があることからiOS 11にした場合の仕様になっているものと思われます。

このことから既存製品をiOS 11にすることで新たに対応する機能を「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」を加えた8機種で確認していきます。なお、iPadについてはまだ情報が更新されていないようなので含めていません。

iPhoneX8 Plus87 Plus76s Plus6sSE
FLAC
HEIF
HEVC
HDR 10
Dolby Vision
4K 60fps 動画撮影
FHD 240fps 動画撮影
ポートレートライティング
アニ文字