[東京 13日 ロイター] - 東芝<6502.T>は13日、半導体メモリー子会社の売却で米投資ファンドのべイン・キャピタル、韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」と協議を加速させ、9月下旬までの株式譲渡契約締結を目指す覚書を締結したと発表した。