国連安全保障理事会が11日に北朝鮮への制裁強化決議を採択したことを受け、北朝鮮は12日、米国に対して「これまで経験したことのない最大の痛み」を与えると警告した。

スイス・ジュネーブで開かれている国連軍縮会議で、北朝鮮の韓大成(ハン・デソン)大使は米国が「政治的、経済的かつ軍事的な対決」を選択したと非難した。