宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

Kindle版もあります。

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

内容紹介

「宝くじで1億円当たったら……」。

こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」

「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」

「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。

いずれも、何となく"やばいこと"になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。

こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。

グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。

誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。

でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?

みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。

だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

 平凡な人生はイヤだけれど、他人とは違う生き方をするのも不安だ……

 人生にはセーブポイントはありませんから、一度選んでしまったら、後戻りはできません。

 この本では、自分の意思、あるいは他者の介入や偶然で、「普通とはちょっと違う人生」になった人が、どう生きたのか、あるいは、どう生きているのかを紹介しています。

 ただし、宝くじの当選者の項でいえば、実際に大勢の当選者に取材したわけではなく、有識者への取材でまとめていますし、「若い頃、ずっとバックパッカーをしていた人」への取材も、その後社会復帰(?)して、起業後、成功している人の話です。

 正直なところ、もっと多くの人に対する統計的な調査とか、「しくじってしまった人」の実体験などを聞きたいな、とも思ったんですよね。

 23の「末路」があるのですが、後半はネタ切れっぽい感じで、いかにも『日経ビジネス』らしいというか、「こんな時代でもがんばって丁寧な仕事をしているクリーニング屋さんの話」とかが出てきます。

 「アジアの路上生活者のために日本にいてできること」が「一生懸命仕事をし、その国の経済発展に貢献すること」なんていうのは、そりゃそうかもしれないけど、あまりに「日本のビジネス雑誌っぽい感想だなあ」と苦笑せずはいられませんでした。 

 それでも、身につまされるというか、人間が陥りやすい罠、みたいなものが、こういう「特別な人生を送った人」のエピソードには詰まっているんですよね。