東京23区内に居住する社長35万5,175人のうち、社長が最も多く住む区は世田谷区の3万8,771人だった。23区の社長の10人に1人(構成比10.9%)が集まる人気スポットだ。世田谷区の人口は23区中トップの89万8,826人で、三軒茶屋、下北沢、二子玉川、自由が丘など、人気の商業地に住宅地が隣接。成城など高級住宅街もあり、屈指の住宅地となっている。

 区内人口に占める社長の割合(人口比)では、トップが港区の人口比9.9%。社長数は2万5,124人で、約1割を占めた。次いで、渋谷区と千代田区が同8.6%、中央区が同6.5%、新宿区が同5.7%と、都心部の区が上位に並んだ。

 また、経営する企業と自宅が同一区内の「職住一致」の比率(分母を社長数とし、分子を同一区内の企業を経営する社長数として算出)は、最高が台東区の71.2%(7,379人)で、唯一の70%台だった。次いで、足立区67.6%(1万1,538人)、江戸川区65.7%(1万1,433人)、墨田区65.3%(5,825人)の順で、下町の区が上位に名を連ねた。なお、世田谷区は48.7%で23区内では最も低く、職住分離が際立った。

※本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約300万社の代表者データ(個人企業を含む)から、社長の居住地を東京都内23区から抽出・分析した(調査は2016年12月)。なお、社長の居住地の最小単位は「区」。

社長の10人に1人が世田谷区に在住

 東京23区内で、社長が最も多く住む街は「世田谷区」で、3万8,771人の社長が住んでいる。都心部から比較的距離はあるが、1970年代の高度経済成長期に人口が急増し、東京23区では人口が最も多い。成城などの高級住宅地や三軒茶屋、二子玉川、自由が丘などの人気エリアも点在。緑豊かな生活空間が人気を集め、東京23区内に居住する社長(35万5,175人)の、10人に1人(構成比10.9%)が住んでいる。

 2位は、「港区」2万5,124人(同7.0%)。赤坂や六本木など高級住宅地を抱え、米国をはじめ各国大使館も多い。交通の利便性や高いステータスで根強い人気を得ている。

 3位は、「大田区」の2万2,006人(同6.1%)で、高級住宅地の象徴として知られる田園調布がある。 以下、練馬区の2万1,124人(同5.9%)、新宿区の1万9,625人(同5.5%)と続く。