周知のように、最近、中国は外貨準備高を減少させている。その原因の一つとして、輸出の伸び悩みがあるだろう。“最悪期”を抜け出した感はあるが、依然、中国の景気は低迷している。

 中国人民銀行(中央銀行)は、為替介入(元買いドル売り)を行って人民元を買い支えている。