7月24日に中国共産党中央政治局会議が開催された。一義的には第2四半期の経済指標公表(同17日)を受けて下半期の経済政策を議論する場だが、見逃せないのは、例年8月に開催される(内容等は公表されない)北戴河会議や今秋の党大会を控えたタイミングでのハイレベル会議であることだ。