以前、「購読しているブロガーが、ビットコインとかVALUとか、読者さんが損する可能性がある物を紹介し始めたら、私は購読やめる」とツイートしたことがあった。

その時に、「現金預金/投資信託/株式(現物)/為替(FX)/仮想通貨の中で、アウト/セーフはどの辺りか」というご質問をいただいた。

なので今日は、その中のVALUについて書きたい(続きは10月頃…)。

私が思う「投資」とは

私が思う「投資」とは、たとえば株なら、「割安なものを買って、適正価格で売ること」だ。

たとえば、ニッチな分野で世界的なシェアがあるのに、知名度がないため割安な株とか、その株自体に問題はないのに、日経平均の暴落などにつられて安く売られ過ぎた株など。

そういったものを、自分で調べて考えて買うのが「投資」だと思う。

この「自分で調べる」だが、ネットや雑誌などで人気の株を何も考えずに買うことではない。
まず、「そもそも、投資するのは日本株でいいのか?」「世界の金融商品の中で、いま何が割安なのか?」というところから入る必要がある。
投資は下調べがすんごい大変なんである。

「投資」は自分ルールを守ることが必要

「割安なものを買う」という考え方なら、入口と出口、想定外の動きをしたときの撤退シナリオを決めるのも簡単だ。

入口は「○円になったら割安だから買う」、出口は「○円は適正価格だから売る」。買った後の値動きを何パターンか予想し、「買値の○%までの下落は想定内、○%を超えたら損切りして一旦撤退。値動きを観察し、落ち着いたら再度入るか検討」などシナリオを立て、絶対に守る

私が思う「投資」に向いていない人

私が思う、「投資」に向いていない人は、

  • 自分で決めたルールを守れない人
  • 「想定外のラッキー」を忘れることができない人

「想定外のラッキー」とは、「マイナス○%で損切り予定だったが、損切りしなかったら値が戻った」とか、「予定通りにプラス○%で売ったら、その後まだまだ上がって悔しかった」などだ。

こうしたラッキーは、ルールが妥当かを再度見直した後は、忘れる必要がある。

特に損切りは、「今回たまたま助かった」だけで、「こないだルールを破ったら助かったから、今回も大丈夫」などと思い始めたら、どんどん塩漬け株ができていく。

……えらそうなことを言っているが、私自身は投資に向いていない。しょぼーん

VALU(バリュ)とは何か

さて、いま話題の「VALU」とは何か。

いまからVALU(バリュ)を始めようかな? と思っている人のためのユーザーガイド(←これを読めば大体分かる)によると、VALUは「個人の人気をあたかも株式のようにトレードするサービス」である。

VALUを発行する場合、Twitterなどのフォロワー数などを元に、その人の人気度をVALU運営が「○○ビットコイン」と値づけする。

ビットコインとは仮想通貨の一つであり、円をビットコインに交換しないと売買できない。

くわしくは、鈴木みそ氏のマンガ↓をどうぞ
VALUおっかなびっくりはじめました
VALUでえらいことになりました

YouTuberヒカル氏のVALU売り逃げ騒動

8月14日に、人気YouTuberのヒカル氏が、優待などの還元を期待させるツイートを投稿した。
VALU高騰後に、ヒカル氏が全VALUを一気に売ったため価格は暴落した。

個人価値売買VALU、ユーチューバー「売り逃げ」騒動|日本経済新聞

この記事によると、ヒカル氏の関係者であるネクストステージ顧問の井川氏が、朝一番(ヒカル氏がVALUを売る前)で手持ちの全VALUを売りに出していたことが分かる。

これらは、株取引だったら「相場操縦行為」「インサイダー取引」となり犯罪だ。

しかし、VALUは有価証券などの金融商品ではないので、金融商品取引法などによる消費者保護の対象外になる(いまのところ)。

つまり、今回のような、ヒカル氏たちが得したぶん一般人が損する事件があっても、法律の保護を受けられない(詐欺罪は適用されるが立証が難しい)。

保護がない分、VALUで売買するなら、株取引やFXよりもなお、自分を守る知識や経験が必要になってくる。