職場の上司がはじめて外国人になる――。そのとき、「どうしよう」と悩むのは、日本人だけではありません。外国人上司も同じように悩んでいます。彼らの「悩み」を解決できれば、自分たちの「悩み」も解決するはずです。「エクスパット」と呼ばれる日本駐在の外国人たちは、どんなことに困っているのか。専門家に聞きました。

会社で人事異動があり、外国人の上司がやってくることになった。あるいは仕事で、外国人エグゼクティブと付き合うことになった……こんなとき、多くの日本人は「英語が話せるか?」という心配で頭がいっぱいになってしまうのではないだろうか。

「でも日本人の心配事なんて、それくらいでしょう?」と笑うのは、“仕事の英語パーソナルトレーナー”である河野木綿子氏だ。「『英語を話さなくちゃ!』という強いプレッシャーがあるかもしれませんが、プレッシャーはお互いさま。実は日本にやってくる外国人上司たちのストレスは、そんなものではないんです」(河野氏)



彼らは、どんなストレスを抱え、何に悩んでいるのか。円滑なコミュニケーションを図るには、どんなところに気をつければいいのだろうか。前回の「外国人上司への“失礼”を避ける会話のコツ」(http://president.jp/articles/-/22785)に続き、外国人エグゼクティブとスムーズにコミュニケーションをはかるための心構えやテクニックを、河野氏に聞いた。

■「エクスパット」とは?

グローバル企業の社員で、海外支社などに派遣され、長期滞在している人たちのことを「エクスパット」と呼ぶ。言葉も文化も異なる日本に来るのは、日本語ができないエクスパットにとって大きな負担だが、それでも来日するのには理由がある。彼らは本国でのポジションよりも高い地位と給料を与えられる代わりに、日本という国で実績を上げること、自分自身の実力を発揮してみせることを求められる。

「彼らは、大変なプレッシャーにさらされながら日本にやってくるわけです。私が長年いた医療機器や製薬業界においては、日本は世界第2位のマーケットです(1位は北米)。その世界第2位の市場に送り込まれて、業績を上げることを期待されています。『やってみろ、能力があるなら発揮せよ』と。こう言われて日本に来て、もし成功すれば、本国でいいポジションが用意される。つまりキャリアパスですね」(河野氏)

■エクスパットの悩み~最大の壁は商習慣の違い

しかし、エクスパットにとって、日本でのビジネスライフはそう簡単ではない。社内には英語が話せる社員が少なく、コミュニケーションが不自由。外に出れば読める文字もほとんどない。食習慣も文化もまるで違う。もっとも大きなハードルになるのは“商習慣”の違いだ。

「日本の製薬業界は独特の商習慣があり、価格設定のしかた一つとってもアメリカとは違います。その中で売り上げを伸ばし続けるのは、日本に来たエクスパットたちにとって大変なプレッシャーなのです。もう一つ、私は人事だったため、一番苦労したのは、『新卒採用』という習慣と、それに関するお約束があることを彼らに理解してもらうことでした。例えば再来年の新卒を採用するために、Webサイトを開設して、こんな活動をするので予算をいくら欲しいと申請すると、各事業部長に説明をしにいく度に『今期の売り上げも決まってないうちに、再来年のヘッドカウントが取れるわけがないだろう! なぜそんなことをする!』と激怒されるんです。

そこで事業部長にひとりずつ、日本の新卒採用の仕組みを全部説明し、『その時になって採ろうと思っても、うちみたいな外資では新人はひとりも採れませんよ。2年前から仕組みを作って活動する必要があります』と説明するわけです。毎年開始時期が決められていて、各社一斉に活動を開始すること、フライングは許されないことなども含めて、根気よく説明します」(河野氏)

海外では、新卒者をまとめて一斉に採用する習慣は、まずない。学生は、卒業と同時に就職しなければというプレッシャーがないし、真っ黒なリクルートスーツに身を包んだ真夏の就職活動もしない。しかし逆に言えば、一括採用がないということは、いつでも経験者と中途採用枠を争わねばならないということだ。そのため学生たちは、学生のうちにさまざまな企業でインターンの経験を積んでおく。こまめにインターンで実績を積み、空きを見つけては応募して、自分には何ができるかを訴えるのだ。

そういうバックグラウンドから来たエクスパットは「そもそも新卒はいらない」と言い始めることもあるという。そのたびに河野氏は、会社の文化のギャップを作らず、継承者を育てる必要性があること、日本の採用習慣について説明を続けてきたという。「四半期ごとに成績を見られている人たちが、『再来年のお金』と言われて困るのはわかります。人事も大変だけど、エクスパットも大変です」(河野氏)