あれは、皆さん、どうぞ私に掛かって来てみてください、私が全部答えて見せますから、という記者の方々なり都議会議員の皆さんに対する挑戦状みたいなものだと理解しておいた方がいいだろう。

AIの頭脳を持つ私に、参りましたと頭を下げさせる力が皆さんにありますか、ということを小池さん一流の言い回しで切り返しただけで、小池さんが尻尾を巻いて記者会見の場から逃げ出したわけではない、ということにご注目いただきたい。