11


気鋭の作家、海猫沢めろんが最新作『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社)をリリースした。夢中になって読んだ。激しく胸を打たれた。これは、文学作品でありつつも、日本における育児論争に一石を投じる作品である。