Kindle版もあります。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)

内容紹介
イギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」の流れが世界を包んだ。その本質を解説しつつ、右派勢力が台頭する欧州、中東戦争の危機、暴走する北朝鮮など、世界のいまを池上彰が斬る!

2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。
この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか?

右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。

トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。

“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。


 トランプ大統領誕生についての言説もけっこうたくさん読んできました。
 トランプさんの個性的なキャラクターが取りざたされることが多いのですが、「トランプ大統領の当選」というのは、世界の「自国ファースト」「みんなのことよりも『自分たち』をまずなんとかしてほしい」という時代の大きな流れのひとつの象徴なんですよね。

 アメリカでだけ、特別なことが起こったわけではない。
 トランプ大統領に対して批判的だったり、揶揄していたりする人が少なくない日本でも、都議選では「都民ファーストの会」が圧勝しました。

 次は、「日本ファーストの会」として、国政選挙に打って出るのではないか、と言われています。
 でも、もしそうなったら、「都民」と「日本国民」の利益が衝突するような場合には、どちらの味方をするのだろうか。

 この本、定期的に刊行される、池上彰さんが現在の世界情勢を新書一冊にまとめて解説したものです。
 特別目新しいことが書いてあるわけではないのですが、知識をまとめたいときや、短時間で復習したいときには重宝するんですよね。
 いま、世界を動かしている人たちの、さまざまなエピソードも紹介されています。

 トランプ大統領とオバマ前大統領の因縁について。

 トランプ大統領は、なぜオバマ前大統領の政策のちゃぶ台返しをしようとしているのか。実はトランプ氏は、ずっとオバマに復讐心を燃やしていたのです。
 トランプ氏は、かつてオバマ大統領がホワイトハウス特派員協会主催の晩餐会で放った辛辣なジョークをずっと根に持っていたのではないか、といわれています。

 ホワイトハウスの記者晩餐会は毎年4月の恒例イベントです。政界や報道関係者のほかハリウッドの有名人らも招待され、毎回、大統領がジョークを披露して会場を沸かせることで有名です。アメリカでは気の利いたジョークを口にできるかどうかも、大統領を評価する重要なポイントになっています。

オバマ前大統領は、2011年のこの晩餐会で気の利いたことを言い過ぎたようです。
 トランプ氏は、自分が大統領選挙に出ようかと模索していたとき、「オバマはアメリカ生まれではない。ケニア生まれだ。アメリカの大統領になるには、アメリカ生まれでアメリカの国籍を持っている人でなくてはならない。だからオバマは大統領になる資格がない」と言いがかりをつけていました。

 これを受け、オバマ氏は、ハワイの病院で生まれた出生証明書を公表。トランプ氏も出席していた晩餐会で、「私の出生時の記録ビデオをお見せしましょう」と言って、ディズニー映画『ライオン・キング』の映像を上映したのです。アフリカで生まれたライオンのシンバを天高く掲げるシーンが映ると、会場は大爆笑でした。シンバはやがてキングになるのですから、よくできたジョークです。

 そのうえで、「(実業家であり、大富豪の)トランプ氏が大統領になったらどうなるか? こちらをご覧ください」と、ホワイトハウスがカジノになっている想像図を出し、笑いものにしたのです。会場にいたトランプ氏は苦笑いをしていましたが、さぞかしプライドを傷つけられたことでしょう。

 彼はそのとき、「絶対、オバマの次は俺が大統領になる。そしてオバマのやったことを全部、ひっくり返してやろう」と固く決意したと言われています。

 オバマさん側からみれば、相手の挑発をうまく切り返した、という感じなのですが、トランプ氏は、「俺に恥をかかせやがって」と、ずっと思っていた、ということなのでしょう。
 どんな相手でも、他人に恨みを買わないほうが得策だよなあ、と考えさせられる話です。
 その晩餐会の時点では、トランプ大統領が本当に実現するとは思わなかっただろうけど。