対策をとらない場合の経済・環境・農業分野の被害は、最大で数兆円規模にのぼると推定されているそうです。

オーストラリアでは、残念ながら初期段階で防ぐことができず、対策が今も続けられていることを教えていただきました。

早いうちの対策が重要で、それを怠ると後々の被害が広がってしまいます。いったん広がってしまうと、時間も費用も余計にかかる問題になります。速やかに調査し計画を立て、必要な予算は確保し、国及び都道府県の連携と役割分担で、徹底した対策をとらなければなりません。

国民の命と生活と環境を守るため、公明党の地方と国のチーム力を生かしながら、ヒアリ根絶に取り組んでまいります。